キッチンは女の聖域。使いやすいキッチンは専業主婦にとって必要かかすべからざる領域です。

通常の家庭ではきっちんの引き出し部分に4、5本ほど包丁をさしこむ仕組みになっていますよね。しかし、我が家では10本以上の包丁を常備しているため、それでは間に合わないのです。

そこで、我が家のキッチンは私がつかいやすいように、ある工夫をしています。それはなにかというと、キッチンに向かう正面にマグネット式の板を取り付け、そこに包丁を何本もとりつけておくのです。この方法だと、簡単に包丁を手に取ることができ、また、何本も包丁をマグネット板にくっつけておけるので衛生面でも問題ありません。この工夫と、フレシャスというウォーターサーバーを使いだしてから、家事の負担が減ったような気がしています。

魚をさばく包丁と肉を切る包丁では全然使い勝手が違います。果物ナイフも別に用意しなければなりません。野菜を切るのも別。調理師の免許をもつ私には、包丁は何本あってもかまわない大事な道具なのです。

生活用品店に行けば、このマグネット式の板が安く売っています。いちいち引き出しをあけて包丁を取り出すのは面倒ですよね。そんな時にも重宝するのがこのマグネット式の板。いったんとりつけるとその後ずっと快適な生活がすごせます。

上述のフレシャスと一緒に、ぜひ台所に常備したいアイテムです。私は、このウォーターサーバーをつかうようになって、料理がおいしくなったと感じているので、ぜひおすすめしたいと思います。
| »